丈夫な床にしたいならフローリングワックスを施そう

メンズ

クリーニングとコート作業

電卓

清掃からコーティングまで

マンションや一軒家のフロアコーティングをするには最初に清掃が必要です。既にフロアについているワックスやコーティングも一緒にきれいに掃除と一緒に取り除いて、新しいフロアコーティングを塗れば、一面ムラなくきれいにコーティングできます。遠くからはなれてみても床のコーティングは見えないですが、薄く薄膜がついているため、重ね塗りすると色あせが目立ったり、部分的に色あせしやすくなったりします。コート素材が異なるとそれだけで床面の盛り上がりができたり、劣化しやすくなったりするため、フロアコーティング前の清掃と研磨などはとても大切です。清掃後のフロアコーティング作業そのものはそこまで大変ではないですが、ホコリが混ざり込まないように注意する必要があり、塗りムラができないように繊細なテクニックが求められます。乾燥するまでコーティングした面に手を加えないようにする必要もあり、発生する化学物質を発散するために換気や送風もしなければいけません。フローリングの場合は、隙間部分にコート素材が染み込みすぎないようにする必要もあり、仕上げに向けて時間をかけてコーティングします。ある程度フロアコーティング完了した後には、最後の仕上げとしてワックスや二重のコーティングを施すことがあります。一面だけのコーティングではキズや汚れが簡単に残ってしまうため、防水コートやホコリが残りにくいコーティングを施して完成します。いくつかの過程を経てフロアコーティングが完了するため、時間に余裕を持ってコーティングする必要があります。