エレベーターの点検費用が節約できる|有益な方法を紹介

メンテナンス会社を選ぶ

エレベーター

マンションの設備の中でもエレベーターの保守点検は費用も掛かるので注意しなければなりません。メンテナンスの内容だけでなく、メーカーやメンテナンス専門会社など、どのような会社を選ぶかが重要なポイントになります。

詳しく見る

安全であること

工具を持つ人

マンションのエレベーターのような機器は、常に安全に稼働していることが大前提になります。そのため、設備を長く適切な状態で維持していくためにも、エレベーター点検の専門業者と長期的な定期点検契約を結んでおくことが得策です。

詳しく見る

専門家に依頼するのが常識

エレベーター

建築基準法12条により、マンションやオフィスビルの所有者または管理者に、1年に一度エレベーターの定期点検が義務付けられています。この定期点検は誰もが実施できるのはなく、一級建築士や昇降機等検査員など特別の資格を持った人しか実施できません。そのため、管理会社は外部の会社に委託するのが一般的です。

詳しく見る

異常箇所を早急に検知

手 マンションの設備として多くの場にエレベーターが備え付けられており、多くの人が利便性を考慮し利用しています。多くの人が安心して利用する為には、担当エンジニアが定期的に点検を行い性能面と安全面をチェックしていく必要があり、定期的に行う為には依頼主と担当エンジニアが状況把握する必要があります。

詳しく見る

良い業者に依頼する方法

エレベーター

メンテナンスの一括見積サイトを使うのが、個別の建物の状況に合わせて、最適なエレベーターの点検プランを見つけるコツです。利用頻度や築年数によって最適なプランは異なっており、特に古い建物に適しているのは、フルメンテナンス契約です。

詳しく見る

POG契約で大幅に節約

メンズ

気になる費用は

エレベーターの保守点検は安全に使用するためには欠かせないものであり、万が一にも事故が起きないようにするために多くのビルやマンションで行われています。しかし、メーカーにエレベーターの保守点検を依頼する場合にはどうしても費用が高くなるため專門の業者に依頼するというケースが増えています。実際にメーカーに保守点検を依頼しているものの、費用が高すぎるので節約するために専門業者に切り替えたいと考えていることもあるでしょう。専門業者に保守点検を依頼した場合の費用ですが、エレベーターの保守点検にはフルメンテナンスとPOG契約があります。フルメンテナンスは一見一番安全なように思えますが、実はエレベーターというのは故障が少なく無理にフルメンテナンスをし続ける必要がありません。設置してから20年間はフルメンテナンスの必要は無いとされているため、POG契約にすることで更に費用を大幅に節約することが出来るようになります。フルメンテナンスの場合にはメーカーは月額6万円程度、専門業者であれば45000円程度となっています。POG契約の場合にはメーカーは月額45000円程度で専門業者であれば25000円程度となっているのです。何も考えずにメーカーとフルメンテナンス契約をしている場合には年間で72万円程度となり、専門業者とPOG契約をしている場合と比べて42万円程度の差が出てしまうのです。そのため、最近ではメーカーではなく専門業者と契約してまだ新しい場合にはフルメンテナンスではなくPOG契約を行うことが増えています。

Copyright© 2017 エレベーターの点検費用が節約できる|有益な方法を紹介 All Rights Reserved.