丈夫な床にしたいならフローリングワックスを施そう

ウーマン

さまざまなメリット

フロアコーティングをする際には家庭環境などから最適な素材を選ぶことです。その際には専門業者のアドバイスを参考にすることです。コーティングすることによってフローリングをきれいな状態で維持できるので売却等のときも有利と言えます。

美しく機能的に仕上がる

フロアコーティングを施してあげれば、床をいつまでも清潔で美しく維持できます。劣化を防ぐだけでなく、転倒防止や掃除がしやすくなる、部屋が明るくなるなどのメリットもあります。フロアコーティングは業者によって差があります。コーティングに使用する材質、保障を見比べて業者を選びましょう。

クリーニングとコート作業

フロアコーティングは、清掃、一段回目のコーディング、二段階目のコーティング、仕上げコートなど何段階か作業が必要です。よりきれいで長持ちする仕上がりにするにはムラのないコーティングや十分な乾燥が必要なので、時間をかけて作業する必要があります。

専門業者に依頼しましょう

作業服の人

業者を選びましょう

マイホームの購入やリフォームを検討する際は、フローリングワックスも忘れずにオーダーしておくことをおすすめします。フローリング部分は建築当初は美しいつやと輝きを放ちますが、年数がたってくると汚れや傷によって全体がくすんで見えるようになってきます。もちろん定期的にワックスをかけてフローリングを保護すればある程度は個人でもカバーできますが、休日にこのワックスがけの作業を行うのはとても大変です。しかしプロにフローリングワックスの施工を依頼すれば、週末などを利用して家中のフローリングをワックスがけする重労働から解放されます。専門業者が行うフローリングワックスにはUVコーティング・ウレタンコーティング・シリコンコーティング・ガラスコーティングなど様々な種類がありますが、いずれのコーティングも家庭用のワックスよりはるかに性能が高く長持ちします。たとえば最先端のフローリングワックスであるUVコーティングであれば、水分をしっかりと表面ではじくのでキッチン周りのフローリングもしっかりと保護するほか、アンモニアなどの成分にも高い効果を発揮するので赤ちゃんやペットがおもらしした場合でもフローリングが傷むことはありません。このフローリングワックスの施工には高い技術力が必要です。そのため施工依頼では信頼のおける専門業者を選ぶことが大切となります。専門業者を選ぶ際にポイントは「明朗会計な見積もりを出してくれること」や「施工サンプルなどを豊富に用意してくれること」をはじめ「トラブル時の補償内容が見積書にしっかりと明示されていること」などがあげられます。新築やリフォームを行う際に建築会社を通じて依頼すれば問題はありませんが、専門業者を個人で選ぶ際は上記の基準を満たしているところに依頼しましょう。